Loading
2011年04月01日 00時00分 UPDATE
PR

さくらインターネット「専用サーバ Platform」プライベートクラウドのホスティングという新たな選択肢

加速する企業のプライベートクラウド構築。しかし、その採用をためらう企業が多いことも事実だ。そんな中、クラウドに対するジレンマを解消できる新しいサービスが市場に登場した。

[ITmedia]

 クラウドコンピューティング(以下、クラウド)の時代が到来しつつある。サービスプロバイダーがインターネット経由でアプリケーションやITインフラなどを提供する「パブリッククラウド」は既に多くのサービスが市場に存在し、急速な勢いで企業に普及しつつある。

 その一方で、パブリッククラウドの利用を不安視する声が多いことも事実だ。特に、秘匿性の高いデータを取り扱ったり、ミッションクリティカルな業務を担う基幹システムにおいては、セキュリティやガバナンスの観点からパブリッククラウドの利用に不安を感じる企業が多いようだ。そのため、自社内のクラウド環境として「プライベートクラウド」を構築するという動きも出ている。

 しかし、プライベートクラウドにもその採用をためらわせる障壁が存在する。それは、コストの問題だ。パブリッククラウドやSaaS(Software as a Service)の導入メリットの1つに、自社でIT資産を保有しなくても済む点が挙げられる。一方、プライベートクラウドでは、全てのIT資産をほぼ自社で運用することになり、結果的に「ITコストがかさむのでは」と考える管理者も多い。

 そんな中、こうしたクラウドに対するジレンマを解消できるサービスが、新たに登場した。安価にかつ迅速にプライベートクラウド環境を構築できるプラットフォームとして、高い注目を集めている。以降で、その詳しい内容を見ていこう。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「さくらインターネット株式会社」に収集される
  • 「さくらインターネット株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「さくらインターネット株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:さくらインターネット株式会社

提供:さくらインターネット株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部