2011年06月16日 12時24分 UPDATE
ニュース

NEWS:場所を考慮した日程調整が可能になったFLEXSCHE 11

フレクシェのスケジューラに新版が登場。複数拠点を考慮した計算が可能になり、価格体系もリニューアルされている。

[原田美穂,TechTargetジャパン]

 フレクシェは2011年6月16日、同社の生産スケジューラの最新版「FLEXSCHE 11」を発表、6月20日から販売開始する。日本語版のほか、英語・中国語版も提供される。

 FLEXSCHE 11では、複数拠点に分散する品目の違いを考慮したスケジューリングと、理論在庫量視覚化を実現する「ロケーション機能」が盛り込まれている。物理的距離などをパラメータとして読み込んだ日程計画が可能になるという。

 このほか、部品表形式でマスターデータを編集できる「部品表メンテナンス機能」「Excel帳票機能」など、数十の機能追加が行われている。また、演算処理速度の向上も図られており、同社プレスリリースによると「データによっては旧バージョンと比べて約30〜40%短縮」されているという。

 新版のリリースに併せ、製品体系・価格体系も刷新する。

 パッケージ型ソフトウェア「FLEXSCHE GP」では、機能やデータ規模に応じて420万〜640万円の4段階の価格体系が用意される。

 クライアント/サーバ型アプリケーションである「FLEXSCHE Communicator」は、サーバライセンスおよび2クライアントライセンスをセットにした「FLEXSCHE Communicator Regular Pack」を780万円で提供する。

ロケーション機能を利用した日程計画の例 ロケーション機能を利用した日程計画の例
マスターデータ編集画面の例 マスターデータ編集画面の例

関連ホワイトペーパー

生産管理 | 製造業


ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

日本人がまだよく知らないYextと「DKM」のこと
2018年10月に米国ニューヨークで開催された「ONWARD18」の概要を紹介する。

news006.jpg

「100年後も生き残ると思う日本企業」調査、トヨタとホンダが不動の1、2位――リスクモンスター調べ
リスクモンスターは「100年後も生き残ると思う日本企業」調査を実施しました。

news019.jpg

KDDIまとめてオフィスが3000万円のムダ打ちから学んだB2Bマーケティングの正攻法
全国の中小企業向け支援サービスを展開するKDDIまとめてオフィスは、過去のマーケティン...