2012年01月16日 15時48分 UPDATE
ニュース

NEWS:iPad、iPhone用XVLビュワーの一般向け無償配布開始へ

3次元図面のiPad、iPhone用ビュワーが無償で使えるように。設計現場と生産技術・製造現場の図面情報の分断解消に近づくか。

[TechTargetジャパン]

 ラティス・テクノロジーは2012年1月16日、iPad、iPhone用のXVLビュワーアプリ「iXVL Player」のAppStore経由での無償配布を開始した。

 図面データはXVL図面編集ツールである「XVL Publisher」経由で発行する。主要なCADデータからXVL図面に変換すれば、設計図側が持つ寸法情報などを含む属性情報を引き継げる。XVL Publisher側でも、製造現場向けに詳細な寸法情報や独自の指示情報を付与できる。

 ラティス・テクノロジー代表取締役社長である鳥谷浩志氏は「設計情報が生産技術や製造現場にうまく伝達できず、製品ライフサイクル全体で情報統合ができていないことを課題とする企業は少なくない。情報が分断してしまう理由の1つは、設計現場“以外”の部門で設計図面にある属性情報を確認するビュワーアプリケーションのライセンスを得ることが難しい点にある。設計情報を盛り込める無償ビュワーがあれば予算に関係なく、部門間で情報流通が可能になると考えている」と語る。

 同社では既にWindows系のモバイルデバイスでの表示に対応する「XVL Player」を配布しており、「今後、Android版についても開発を検討したい」(鳥谷氏)としている。

アセンブリの一部にフォーカスし、属性情報を閲覧 アセンブリの一部にフォーカスして属性情報を表示しているところ
選択した部品を非表示にし、内部を確認 選択した部品を非表示にして内部を確認できる
巨大図面の中からネジ1つにフォーカスして選択、部品1点ごとの属性情報も保持しているのが分かる 巨大図面の中からネジ1つにフォーカスして選択、部品1点ごとの属性情報も保持しているのが分かる
選択したネジ1点だけを非表示にできる 選択したネジ1点だけを非表示にできる
寸法情報を表示する 寸法情報を表示する
製造現場向けのより詳細な情報を付与した図面 製造現場向けのより詳細な情報を付与した図面

 なお同社では同製品の配布開始に合わせ、2012年1月26日に「iPad&XVLで拓く3Dソリューションセミナー」を開催する。

関連ホワイトペーパー

iPad | CAD | iPhone | ライフサイクル


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

佐藤尚之氏が語る、新規獲得が難しい時代だからこそ「ファン」を大切にすべき理由
これからのマーケティングが「ファンベース」であるべき理由とは何か。コミュニケーショ...

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...