2012年01月25日 09時00分 UPDATE
特集/連載

疑似攻撃で製品機能や性能を分析セキュリティ製品の“あら”を探す「セキュリティテスト製品」

導入したセキュリティ製品は本当に期待した効果を発揮しているか。ネットワークへの影響はどうか。こうした疑問を解き明かすのが「セキュリティテスト製品」である。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 「セキュリティ製品が、導入当初に期待した効果を発揮できているかどうかを把握できているユーザー企業は意外と少ない」。ネットワークテスト製品ベンダーのイクシアコミュニケーションズでプリンシパルテクノロジストを務めるデイブ・シュナイダー氏はこう指摘する。

サイバー攻撃の急速な変化がセキュリティテストの重要性を高める

 「全社的なセキュリティ監査を実施している企業であっても、実施頻度はせいぜい年に1、2回といった程度。急速に変化する昨今のサイバー攻撃に備えるには十分とはいえない」というのがシュナイダー氏の見方だ。もし導入しているセキュリティ製品が現在の脅威を防げないのであれば、機能強化や他社製品への乗り換えなどを早急に検討する必要がある。

 セキュリティ製品によるネットワークのパフォーマンス低下も無視できない課題だと、シュナイダー氏は強調する。「セキュリティ製品によるネットワークの遅延が、自社のビジネスに影響を及ぼさないかどうかを確かめておく必要がある」

 セキュリティ製品の性能やネットワークのパフォーマンスへの影響を分析するのに役立つのが「セキュリティテスト製品」である。実際の攻撃を模したトラフィック(攻撃パターン)をセキュリティ製品に送ることで、セキュリティ製品が攻撃を正確に検知できるかどうか、ネットワークにどれぐらいの遅延を引き起こすかなどを確認できる製品だ。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news151.png

スマートフォン向け広告配信サービス「GMO SmaAD」に不正広告対策機能を導入
GMO TECHは、スマートフォン向け広告配信サービス「GMO SmaAD」において、オンライン広告...

news116.jpg

トランスコスモス、Facebook Messengerを利用した新たな顧客コミュニケーションサービスを開始
トランスコスモスは、「Facebook Messenger」を利用した企業と顧客とのコミュニケーショ...

news112.jpg

電通と日経、企業イメージの形成要因を特定する解析サービスを共同開発
電通と日本経済新聞社は、企業イメージの形成要因が特定できる「企業イメージKPIモデル」...