2012年04月03日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS電子カルテ「MI・RA・Is」 シリーズがスマートデバイスに対応

CSIの電子カルテシステム「MI・RA・Is」シリーズがスマートデバイスに対応した。診療情報の参照、診療記録の入力、検査結果、画像などの確認が可能。

[TechTargetジャパン]

 シーエスアイ(以下、CSI)と日本事務器はCSIの電子カルテシステム「MI・RA・Is」シリーズのスマートデバイス対応システムを共同開発し、4月2日に販売を開始した。スマートデバイスから電子カルテの診療情報を参照したり、診療記録や検査結果、画像などを確認できる(関連記事:iPad/iPod touchによる電子カルテ操作を低コストで実現 〜北海道社会保険病院)。閲覧だけでなく、診療データやバイタルなどを、スマートデバイスから入力も可能。

photophoto スマートデバイスからの参照イメージ

 CSIによると、回診時に持ち運ぶ書類量を軽減して回診業務を効率化したり、診療の経過や検査結果などを画像・グラフを用いて患者に向けて分かりやすく説明可能になるなど、インフォームドコンセントの促進や患者へのサービス向上に寄与できるという。販売価格は、1医療機関当たり20万円から(スマートデバイスの端末料金、通信費などは除く)。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

news102.jpg

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...

news093.png

ブレインパッド、広告運用レポートの自動作成と実績予測シミュレーションが可能な「AdNote」を提供
ブレインパッドは、インターネット広告運用支援ツール「AdNote」の提供を開始した。