2012年11月13日 00時00分 UPDATE
info Center

読者の「知りたい」にベンダーが答える!安全・快適な無線ネットワーク運用の処方せん

無線LANなどの無線ネットワークは便利な半面、障害対策や性能確保、セキュリティ対策など、管理者が直面する課題は少なくない。こうした課題を効率的に解決する方法を探る。

[ITmedia]

ネットワークの運用管理に悩む企業への提案

TechTargetジャパンでは2012年8月、無線ネットワークに関する読者アンケート調査を実施した。そこで明らかとなった以下3点の課題に対し、ソリューションベンダーからの提案をお届けする。


現在抱えている課題

課題1:運用管理や障害監視などが難しい

課題2:スループットなど性能の確保が困難

課題3:不正アクセスなどのセキュリティ対策が不十分


注目記事

無線LANトラブル解消ツール「AirCheck Wi-Fiテスター」

無線LAN障害の9割は“目で見て”その場で直せる!

2.4/5GHz帯を利用する機器は想像以上に増加し、電波障害も日常茶飯事だ。だからこそ、今この瞬間の電波状況をすぐに確認してトラブルシューティングしたい。そんなニーズに応えるWi-Fiテスターがある。


注目ホワイトペーパー

スマートデバイス時代の無線LAN導入、セキュリティと運用を簡素化する方法

無線LANの導入検討に当たり悩みが多いIT管理者。「通信環境の安定性」「不正接続」「盗聴防止」「利用状況を簡単に把握したい」「設定変更などの作業はAP1台ごとにしたくない」といった課題。セキュリティ対策や運用管理の難しさをどう解決すればいいのか?


読者調査結果リポート

無線ネットワークに関する読者調査リポート

読者が直面した無線LAN障害、その最大の原因とは?

IEEE 802.11n準拠の無線LAN製品を導入済みなのは4割未満。障害監視や性能確保、セキュリティ対策が主な課題――。読者調査を基に、無線ネットワークの利用実態を探る。