Loading
2012年11月30日 10時00分 UPDATE
PR

システム担当者が頭を抱えるメール配信の問題を解決するメールリレーサーバ1時間300万通の高速性、大量メールを「速く」「正確に」届ける技術とは?

メールは、企業がターゲットに対しタイムリーに情報を届ける効果的な手段だ。だが、大量のメールを配信すると、エラーや配信遅延といった壁にぶちあたる。そうした課題を解決するのがメールリレーサーバだ。

[ITmedia]

 メールマガジンやダイレクトメールなどのメール配信は、インターネットマーケティングを実践する際の効果的な手法として、現在も多くの企業が取り入れている。出版物や放送などのメディアを通じた広告よりもはるかに低コストで、しかもターゲットとする見込み客にリーチしやすいからだ。

 しかし、膨大な迷惑メールが社会問題化する中、メールマガジンやダイレクトメールなどの配信には、技術的な課題が浮上しつつある。「大量のメールを配信したときに遅延が発生する」「エラーアドレスが多くてバウンスメールが大量に届く」「配信リストの管理が不十分でエラーアドレスを削除できない」「キャリアやISPからスパムメールと判定されてしまう」――このように、自社サイトのメールが遅延したりブロックされたりしていては、顧客に必要な情報(購入後の通知メールやサポートからの連絡メールなど)が届かない。メールの効果と価値は半減し、大きな機会損失になってしまう。

 そうした課題を解決するために登場したのが、メールリレーサーバだ。通常の送信メールサーバに代わり、大量のメールを高速に配信できるリレーサーバは、メールを顧客へ確実に届けるための必須のソリューションだ。

 実際にメールリレーサーバを導入し、十数万件規模のメールマガジンの配信遅延を大きく改善した事例や、約30台のメール配信サーバを7台に削減できた事例もある。次のページでは、メールリレーサーバの技術とその使い道、導入事例を紹介する。

提供:ユミルリンク株式会社

提供:ユミルリンク株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部