Loading
2013年01月22日 00時00分 UPDATE
PR

大量データの高速処理でビジネスを支援「次は何が売れる?」、小売業向けデータ分析ソリューションの最前線

データ分析で次の売れ筋を探す小売業の課題は、大量データの高速処理と、データを活用するための業務プロセス改革だ。この課題を解決するためのソリューションが登場している。その詳細とは。

[ITmedia]

 日々蓄積されるデータを、いかに分析・活用し、新しいビジネス価値につなげていくかが、多くの企業にとって重要な経営課題になりつつある。しかし、従来型のRDBやDWH(データウェアハウス)では、大量かつ多種多様ないわゆるビッグデータを処理するために、数日から1週間という期間を要しているのが実情。多くの企業は、より高速なデータ処理基盤を求めている。

 一方で、ビッグデータ処理の高速化を実現できても、これに対応して業務プロセス全体を変革していかなければ、ビッグデータが持つ真の価値を、経営に生かしていくことは難しい。特にPOSデータなど、ビジネスで生まれるデータが多い小売業ではデータ分析へのニーズが高まっているにもかかわらず、上記のような課題でデータ分析に本格的に取り組むことができない企業が多い。では、どのような解決策があるのか。リアルなソリューションを紹介する。

提供:シスコシステムズ合同会社、SAPジャパン株式会社、三井情報株式会社

提供:シスコシステムズ合同会社、SAPジャパン株式会社、三井情報株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部