2013年02月28日 08時00分 UPDATE
特集/連載

TechTargetジャパン プレミアムレビュープライベートクラウドが必要な本当の理由

情報システム部門の社内プレゼンス向上に役立つ情報をお届けする「TechTargetジャパン プレミアム」。今回はプライベートクラウドの意義と合理性を再検証した第3弾、『プライベートクラウドが必要な本当の理由』を紹介する。

[TechTargetジャパン]

「TechTargetジャパン プレミアム」第3弾、『プライベートクラウドが必要な本当の理由』を無償提供

@IT情報マネジメントの記事から、情報システム部門の社内プレゼンス向上に役立つコンテンツを再編集、あるいは新規書き起こしでお届けするPDFコンテンツ「TechTargetジャパン プレミアム」。その第3弾となる『プライベートクラウドが必要な本当の理由』をTechTarget ホワイトペーパーダウンロードセンターで無償提供している。ぜひご活用いただきたい。


プライベートクラウドの合理性を再考する

ALT クリックでダウンロードページへ

 仮想化、クラウドの浸透でITシステムが複雑化する一方、ITコストや運用管理スタッフは削減される傾向が続いている。だが、コスト削減や生産性向上の面で、経営層や業務部門が仮想化、クラウドに寄せる期待は大きい。いわば情報システム部門は“仮想化、クラウドのメリット”と運用管理の負担増大という現実の板挟みに遭っている状況だ。

 こうした中、俊敏かつ効率的なビジネス展開に役立つとしてプライベートクラウドが注目されている。IT部門が社内のITリソースを一元管理し、業務部門からの要求に応じて各種ITサービスを提供する――その基本概念は、まさに“経営に寄与する情シス”に脱皮する上で格好の方策となるものだ。だがその注目度とは裏腹に、実際に導入している企業は多いとはいえない。「自社にとっては非現実的」と考え、導入の検討材料から外してしまう向きも少なくないようだ。

 @IT情報マネジメントの記事から、情報システム部門の社内プレゼンス向上に役立つコンテンツを再編集、あるいは新規書き起こしでお届けするPDFコンテンツ「TechTargetジャパン プレミアム」。その第3弾となる『プライベートクラウドが必要な本当の理由』は、以上の問題認識に基づき、プライベートクラウドがなぜビジネスに有効なのか、なぜ情報システム部門にとって重要なのか、その意義をあらためてひも解いたコンテンツだ。

 特に注目したいのは、仮想化からプライベートクラウドに至る道のりだ。具体的には、仮想化で煩雑化した運用管理を効率化するために、2009年ごろから注目され始めた「運用自動化」、自動化の効果を引き出す前提条件として重視される「標準化」、さらに物理、仮想、パブリッククラウドが混在するハイブリッド環境管理のポイントとなっていく「システム構成の可視化」「リソースの一元管理」といったキーワードに着目。アナリストの声を通じてこれらを実現するための具体策を紹介しながら、これら4つのキーワードを要件とするプライベートクラウドが、運用現場の課題解決を狙う中で“おのずと浮上してきた運用管理スタイル”であることを振り返る。

 もちろんプライベートクラウドは全ての企業が必ず導入すべきものではない。だが、サーバ仮想化からそこに至る道のりを再確認することで、“非現実的なもの”だったプライベートクラウドを、有効な効率化策の1つとして捉え直すことができるのではないだろうか。運用自動化製品、垂直統合型製品などプライベートクラウドを実現するさまざまなツールの意義も、あらためて見えてくるはずだ。

この記事に興味のある方におすすめのホワイトペーパー

プライベートクラウドは“経営への寄与”というゴールばかりが注目されがちだ。しかしそれよりも、「なぜそれが求められるのか」「なぜそこに行きつくのか」という視点で考えてみると、その真の意義が見えてくる。

ホワイトペーパーのダウンロードページへ (TechTargetジャパン)

 TechTargetジャパン プレミアムは毎月1本、ホワイトペーパーダウンロードセンターから提供する。ホワイトペーパーダウンロードセンターでは、技術文書や製品資料、事例紹介などを多数掲載している。ぜひ併せてダウンロードしてご活用いただきたい。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...