2014年01月30日 12時00分 UPDATE
info Center

読者の「知りたい」にベンダーが答える!ビッグデータ活用を支えるIT基盤に必要な条件とは?

ビッグデータというキーワードが一般化し、自社データの有効活用を考える企業が増えている。一方で、多くの企業ではまだ十分な環境が整っていない。このような課題は、どのようにして解決すればいいのだろうか。

[ITmedia]

ビッグデータ活用に悩む企業への提案

TechTargetジャパンは2013年10月〜11月、読者会員を対象に「ビッグデータインフラに関する読者調査」を実施した。そこで明らかとなった以下3点の課題に対し、ベンダーからの提案をお届けする。


ビッグデータインフラにおける3つの課題

課題1:大量データを扱うことができる技術者がいない

課題2:データ/システム連係ができていない

課題3:リアルタイムにデータを扱えない


注目のコンテンツ

オールインワンのビッグデータ処理基盤がビジネスを変える

ビッグデータ活用に欠かせないシステムの3要素とは?

企業ビジネスに変革をもたらすと期待される「ビッグデータ」。活用の機運が高まりつつある中、IT基盤の課題が積極的な活用を阻んでいるという。ビッグデータ活用で外せないシステム要件をあらためて整理してみる。


バッチとリアルタイムの共存で変わるビッグデータ活用

バッチ処理とリアルタイム分析を融合する次世代ビッグデータ活用基盤とは

ビッグデータを本格的に活用し、ビジネス成長につなげていく機運が高まりつつある。だが、ビッグデータには実に多くの側面があり、そのシステム基盤にも多様な要件が求められる。そのベストソリューションを探る。


Hadoop基盤を月額サービスで提供

ビッグデータのスモールスタートを実現するクラウドサービス

近年、急速に認知が高まったビッグデータ。一方で、コストやスキル面でのハードルが高いのも事実だ。そこで、ビッグデータ活用のためのIT基盤を低価格かつ迅速に導入・運用できるクラウドサービスを紹介する。


注目ホワイトペーパー

ビッグデータ活用を実現するための技術要件を解説

6分で分かる ビッグデータの「3つのV」に対応するための技術要件

ビッグデータの活用を効率的に行うためには、データに関する「3つのV」、Volume(量)、Velocity(速度)、Variety(多様性)への対応が重要だ。3つのVに対応し、ビッグデータ活用を実現するためにIT基盤に求められる技術要件を解説する。


データ主導の意思決定を支援する手法とは

映画「マネーボール」の教訓を生かせ──分析でビッグデータを意思決定に活用

膨大な量のデータを的確な意思決定に活用するには、分析によってデータを知見に変換し、必要なときに必要な情報を得ることができるかが鍵になる。


3つのキーワードをわかりやすく解説

ビッグデータ基盤実現は難しくない! ビッグデータ・テクノロジー攻略のための3つのキーワード

ビッグデータ基盤の活用は難しい──その思い込みを3つのキーワードとアプローチ方法解説でスッキリ解消しよう。


データドリブン経営への7つのステップ

ビッグデータ分析に必要な7つのステップとは?

ビッグデータを扱う技術やツールが整い、先行するライバル企業は既にビジネスに活用して成果を出し始めている。後れを取るわけにはいかないが、一体何から始めればいいのか…。ビッグデータの特異性にも着目し、データドリブン経営へのステップを解説する。


読者調査結果リポート

ビッグデータインフラに関する読者調査リポート

ビッグデータ活用が次第に浸透 次の期待はソーシャルデータ活用へ

TechTargetジャパンは2013年10、11月にビッグデータインフラに関する読者調査を実施した。本稿では調査結果の一部として、ビッグデータ活用やインフラ構築に関する実態についてリポートする。