Loading
2014年05月12日 00時00分 UPDATE
PR

ソフトウェアの「多様性」を取り込むPaaS環境開発者が最速で成果を上げるためのクラウド活用術

オープンソースの活用が進む開発現場。クラウドベンダーがそのニーズに応えるには、提供するPaaS環境でいかに多様性を取り込み、豊富なメニューを提供し、環境構築から運用管理に至るコストを少なくするかが鍵となる。

[ITmedia]

 PaaS(Platform as a Service)が、Web開発・運用環境として充実の度合いを高めつつある。

 オープンソースの活用が当たり前になっている昨今のソフトウェア市場に対応し、「PHP」「Java」「Python」、さらには「Node.js」のような多種多様なWeb開発・運用環境をサポートするのはもちろん、PaaSのメリットである、インフラ構築・運用管理のコスト最小化を実現できることは言うまでもない。

 これに伴い、例えば、Web制作会社がWebサイトの「構築」だけではなく、「運用」も含めた「サービス」として顧客に直接提供するようなビジネスモデルも構築可能になってきている。以降で詳しく見ていこう。

提供:日本マイクロソフト株式会社

提供:日本マイクロソフト株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部