Loading
2014年05月12日 00時00分 UPDATE
PR

クラウドをファイルサーバとして使うには可用性と拡張性に優れた“次世代ファイルサーバ”を手に入れる4つのポイント

ファイルサーバは、企業の中でも一般的でユーザーにとってごく身近な存在であり、それ故に非常に重要なシステムの1つである。今、これをクラウド上で利用しようという動きが活発になってきている。

[ITmedia]

 従来のファイルサーバは、マルチプラットフォーム対応で安定的に稼働し、適切なアクセス権管理と監査が求められた。また、拡張性の面では物理的な制限があるため、ディスク使用量の肥大化を防ぐ施策も重要であった。

 ところが、昨今はデータの使い方/在り方が大きく変化し、新しいニーズが生まれてきている。例えば、単なるファイルの置き場所ではなく、データベースや仮想マシンなどを格納する場所としての用途が登場。

 また、そうした用途の拡大から、高い可用性や拡張性も求められるようになっている。さらに、モバイルデバイスの普及により、社外からのアクセスも標準的なニーズとなりつつあり、それに応じてセキュリティポリシーの適用も必要な要素となってきている。

 こうしたニーズの変化に対応すべく、物理サーバで構築していたファイルサーバをクラウドへ移行するという動きが出始めている。本稿では、そのヒントとなる4つのポイントを紹介する。

提供:日本マイクロソフト株式会社

提供:日本マイクロソフト株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部