Loading
2014年06月03日 00時00分 UPDATE
PR

日立システムズがオススメする Microsoft Lyncユニファイドコミュニケーションを成功に導く3つのポイント

ビジネスの成功を左右するといっても過言ではないコミュニケーション。その仕組みを効率よく構築・運用するのが「ユニファイドコミュニケーション(UC)」。だが、導入の仕方を間違えると、真価を発揮できない……。

[ITmedia]

 ありとあらゆるビジネスにとって、コミュニケーションは非常に重要な要素の1つである。社内外の従業員同士が最適な手段で的確に情報をやりとりできることが、ビジネスの成功に直結するといっても過言ではないだろう。そうした仕組みを効率よく構築・運用するため、「ユニファイドコミュニケーション(UC)」が注目されており、実際にUCシステムを導入/検討する企業も増えている。

 ところが、UCによって理想的なコミュニケーション環境が実現できているかというと疑問が残る。多機能なソリューションを導入したものの、一部の機能のみしか利用できていなかったり、最大の特長であるシステム連係が不十分であったりするケースは少なくない。また、そうした複雑性やコストの増大を懸念して、導入に踏み切れない企業もあることだろう。

 UCは、ソフトウェアの導入だけでなく、ネットワークの見直しから全社的な運用の設計まで、幅広い観点で検討を行わなければ真価を発揮できないシステムである。本稿では、そうした負担を解消し、自社に最適なUCシステムを選定・導入するためのポイントについて解説する。

提供:株式会社日立システムズ

提供:株式会社日立システムズ
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部