Loading
2014年07月04日 10時00分 UPDATE
PR

Windows Server 2003移行は保守運用見直しのチャンス主要ハードウェアメーカーのプロアクティブサポートを一挙に比較、選ぶべきサービスとは?

年々、複雑化するITインフラを自社だけで運用管理することにはもはや限界がある。特に、Windows Server 2003の移行を機に新しい機器やIT技術を導入する企業は、保守運用を見直すべきときにあるだろう。

[ITmedia]

 「Windows Server 2003」の延長サポートが、2015年7月14日に完了する。これに合わせて、多くのユーザーが「Windows Server 2012/2012 R2」への移行を検討し、また作業を続けていることだろう。

 Windows Server 2003が登場した10年前と比べ、ITはかなりの変化を遂げ、ビジネスに与えるインパクトも、当時は考えられなかったほどに大きくなった。今回の移行は企業にとって、ITシステムの在り方やワークスタイルを変革する大きなチャンスでもある。レガシーな運用スタイルを捨て、新しい手法を確立すべきときだ。

 しかし、それには課題が待ち受けている。1つは、ITシステムそのものが多様化・複雑化し、適切に運用するには高度な技術が必要であること。2つ目は、トラブルによってビジネスが影響を受けないようなプロアクティブなサポートが新たなニーズとして登場していることが挙げられる。

 Windows Server 2012を含む最新のシステムを、自社だけで運用することはもはや困難である。安定的な稼働を求めるのであれば、プロフェッショナルのサポートが必要だ。ただ単に高額なサービスを選べばよいというものではない。費用対効果を総合的に推し量るため、サポートサービスを選ぶポイントについて紹介しよう。

提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部