2014年07月24日 10時00分 UPDATE
PR

Windows Server 2003サポート終了まで1年最新OSに移行するなら、運用の常識を変えた“自働サーバ”

Windows Server 2003から最新OSへ移行するなら、「サーバ選び」には細心の注意が必要だ。「OSは新しくなったのに、サーバ運用は何も変わらない」のでは、移行のメリットは半減してしまう。

[ITmedia]

 2015年7月14日に迫る「Windows Server 2003」の延長サポート終了――多くの企業が既に「Windows Server 2012 R2」への移行作業に着手しているか、移行計画を急ピッチで進めているはずだ。最新サーバOSへの移行は、Windows Server 2003に潜むセキュリティ上の問題を解決するだけでなく、ユーザーにさまざまなメリットをもたらす。

 気を付けておきたいのは、「サーバ選び」が移行の成果を大きく左右するという事実だ。最新OSの機能がどれだけ便利になっても、「サーバ運用」にかかる手間や時間が変わらなければ、業務の効率化やITコスト削減は難しい。サーバが変わらなければ、移行のメリットは半減すると言っても過言ではない。

ik_tt_P_01.jpg 日本HP サーバスペシャリスト 前田さん

 Windows Server 2012 R2を稼働させるサーバの選択肢は豊富にある。多くの方が「x86サーバはどれも同じ」と誤解しているが大きな間違いである。

“サーバ自身がインテリジェンスを備えているか、否か”

 この違いが、決定的な成果の差になる。日本HPのサーバスペシャリストに、その理由を詳しく聞こう。

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部