Loading
2014年08月20日 10時00分 UPDATE
PR

バックアップとアーカイブの違い、分かっていますか?データマネジメントのプロに学ぶ、肥大化するデータ保護・保管の極意

動画や画像、音声、テキストなどを含む「非構造化データ」が急増している。この膨大なデータをコストや運用の負荷を抑えつつも適切に保護・管理するにはどうすればいいのだろうか。最新のデータ管理手法を紹介する。

[ITmedia]

 コンピュータ/IT技術は登場当初から大きな進歩を遂げ、時代のニーズに合わせて多様なシステムが誕生してきた。新たなシステムを構築すれば、そこから膨大な量のデータが生成される。IT担当者は、それらのデータとシステムを、大切な情報資産として保護する努力を続けなければならない。

 企業にとって、データを格納するストレージシステムの構築・運用は、特に頭の痛い問題だ。その中でも、キャパシティープランニングは難問である。その見積もりが甘ければ、計画段階で十分と考えて構築したストレージシステムの容量が、予想よりも早く限界に達してしまうかもしれない。

 不測の事態への備えも必要だ。東日本大震災や阪神・淡路大震災のような大規模な自然災害だけでなく、人的ミスやマシントラブルによってもデータは容易に失われる。事業継続計画(BCP)や災害復旧(DR)への対応は、今や企業が考えるべき必須の施策の1つである。

 加えて、企業はコーポレートガバナンスやコンプライアンス、情報の開示要求への応対など、新たな義務を課せられるようになっており、システムにも高い柔軟性が求められている。

 こうした幅広い課題を解決し、コストや運用の負荷を抑えつつ膨大なデータを管理することは、現状のシステムではもはや困難だ。そこで今回は、データマネジメントのプロフェッショナルに最新のデータ管理手法を聞いた。

提供:日本ビジネスシステムズ株式会社

提供:日本ビジネスシステムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部