Loading
2014年10月23日 10時00分 UPDATE
PR

スペシャリストが対談で明かす「SQL Server」の移行先をクラウドに求めるメリットとは

SQL Server 2005のサポート終了が近づいている。システムを移行する際に検討すべき事項や移行方法はさまざまだ。本稿では、その移行先として「クラウド」にスポットを当てて解説する。

[ITmedia]

 「Windows Server 2003」の延長サポートが2015年7月15日に終了する。現在、サポート終了への対策を急ピッチで進めている企業も多いことだろう。それに加えて、「Microsoft SQL Server 2005」の延長サポートも2016年4月12日に終了するという事実も忘れてはならない。

 サーバとデータベースのシステム移行に掛かる作業負担や予算策定のことを考慮すれば、Windows Serverの刷新とともに、SQL Serverも同時に移行することが望ましい。しかも、将来的なアップグレード計画をスムーズに運ぶためにも、有効な機能を豊富に備えた最新の「Microsoft SQL Server 2014」に移行することが効果的だ。

 SQL Serverを移行する上で検討すべき事項や移行方法はさまざまだが、本稿では、その移行先として「クラウド」にスポットを当ててみたい。クラウドを活用したSQL Serverの移行とメリットに関して、スペシャリストの対談で移行のポイントを明らかにする。

提供:日本マイクロソフト株式会社

提供:日本マイクロソフト株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部