Loading
2014年11月20日 10時00分 UPDATE
PR

リスク回避だけではもったいないWindows Server 2003の移行は、やり方次第で“戦略投資”になる!?

Windows Server 2003のサポート終了が刻々と近づいている。「移行コストを抑えたい」という思いはどの企業も同じだが、そのコストが“戦略投資”に変わるとしたらどうだろう。業界を代表する3人のキーパーソンが語り合った。

[TechTargetジャパン]

 2015年7月15日に迫った「Windows Server 2003」のサポート終了。業務の生産性の面でも、経営リスクの視点からも、老朽化したシステムを“塩漬け”するという選択はない。残された時間はあと9カ月――実行を急がなければならないタイミングだ。

 本稿では、業界を代表する3人によるディスカッションを紹介する。「サーバOSの移行を“戦略投資”にする方法がある」と3氏は指摘する。その判断が、「これから先、競争力の決定的な差となる」ともいう。白熱した対談の模様をお届けしよう。

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社

提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部