Loading
2014年12月24日 10時00分 UPDATE
PR

デルがお勧めするWindows Server 2012Windows Server 2003移行、不安なユーザーが頼れるベンダーの条件

移行に踏み切れず今日まで来てしまった企業には何らかの理由があるはず。問題があればまず、共に解決に当たってくれる頼もしいベンダーを探してみてはどうだろう。

[ITmedia]

 2015年7月15日の「Windows Server 2003」サポート終了に向けて、サーバの入れ替えが急ピッチで行われている。サポートが切れた古いOSには、危険度の高い脆弱性が発見されたとしても、修正パッチが提供されることはない。また、サーバハードウェアの老朽化が進み、故障の可能性も高まっていく。交換パーツの調達なども、時間がたてばたつほど困難になっていくだろう。

 一方で、最新のサーバOS「Windows Server 2012 R2」は、さまざまな強みがある。パフォーマンスの高さはもちろんのこと、セキュリティが強化され、仮想化やクラウド・モバイルへの柔軟な対応を実現し、管理性も向上している。さらに「Windows 7」「Windows 8」などクライアントOSでも、Windows Server 2003との組み合わせでは実現できなかった活用方法が実現できる。移行に伴うコスト以上に、得られるベネフィットは格段に大きい。

 にもかかわらず、少なくない数のWindows Server 2003搭載サーバが、今日もなお稼働しているのが現状だ。十分な猶予期間があり、古いサーバを使い続けるリスクを十分に承知していても、なかなか移行に踏み切れない組織は、中小企業を中心にまだまだ多い。

 これまで移行を回避してきた企業には、それぞれ事情があるのだろう。一番単純で大きな問題になりがちなのは「予算」だが、独自開発のアプリケーションや古いパッケージソフトを使っているために、なかなか手が付けられないというケースもある。

 人的リソースが問題ということもあるはずだ。移行が必要と理解してはいても、現実的にどこから手を付ければよいか分からないということもあるだろう。また、高度な知識を持った技術者が不在というのも、中小企業などではよくある悩みだ。

 抱えている問題はそれぞれだが、何らかの理由があるからこそ、移行を決断できず、今日まで問題を先送りにしてきてしまったというわけだ。

 とはいえ、もはや猶予はならない。移行に不安があるならば、それを解消して前に進むしかない。そこで本稿では、不安なユーザー企業の強い味方になってくれるベンダーの条件を探ってみよう。

提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部