2015年01月21日 13時33分 UPDATE
連載ミドル

エンタープライズのためのOpenStack検討ガイド

企業システムへの導入、検討が本格化しつつある「OpenStack」。だが、ユーザー企業の既存システムとの整合性や運用方法はどう変わるのか? 本連載では、OpenStackコミュニティーをプラチナメンバーとして支えるHewlett-Packard(HP)のアーキテクトとエバンジェリストが、OpenStackに対するユーザー企業の疑問にお答えする。

[ITmedia]

記事一覧

エンタープライズのためのOpenStack検討ガイド【第1回】

“オープン”以上の価値がある、OpenStackが企業で歓迎される理由

企業システムへの導入、検討が本格化しつつある「OpenStack」。だが、オープンソースはソースをオープンにしただけでは大きな価値を生まない。今OpenStackがなぜ注目されているのか、最新の動向や他技術との比較を交え解説する。


エンタープライズのためのOpenStack検討ガイド【第2回】

OpenStackは企業ITで有りか無しか AWS、VMwareとの違い

OpenStackが企業ITの進化にどのように寄与するかを考える。「VMware vSphere」のような仮想化基盤や「Amazon Web Services」(AWS)のような非オープンソースクラウドとの違いは? 両者との使い分け、共存の可能性も探る。


エンタープライズのためのOpenStack検討ガイド【第3回】

OpenStackで注目の3大機能と開発コミュニティーの実態

OpenStack注目の機能「Neutron」「Ironic」「TripleO」を紹介する。また、プロジェクトをより具体的にイメージするため、コミュニティーの開発手法やリリースサイクルについても説明する。


Loading