Loading
2015年01月30日 10時00分 UPDATE
PR

「止められないサーバ」をどうする?Windows Server 2003、こじらせた「移行の悩み」を解消する奥の手

さまざまな理由で「システムを止められない」と、移行が進まず悩むIT担当者へ。古いファイルサーバを稼働させたまま簡単にデータを移行する方法があるのをご存じだろうか。

[ITmedia]

 2015年7月15日にサポートが終了する米Microsoftの「Windows Server 2003」。多くの企業では既に移行作業が完了していると思われる。だが、今なお古いシステムを使い続ける企業がなくなったわけではない。

 メーカーのサポートが切れた古いOSをそのまま使い続ければどうなるか。まず、真っ先に懸念されるのがセキュリティ上のリスクだ。Windows Server 2003に今後新たな脆弱性が発見されても、修正プログラムが提供されることはない。そして、攻撃者は手ぐすね引いてその日を待っている。

 また、そもそも古いOSが搭載された古いマシンは、パフォーマンスは言うに及ばず消費電力の観点からも、新しいマシンに大きく見劣りする。故障の心配も尽きない。「もったいない精神」を発揮してここまで移行を避けてきた企業の行動は、結果的にはあまり経済合理的とはいえないことが多い。

 単純に知識不足から問題を先送りにしてきたというケースもももちろんあるだろうが、この期に及んで、なおかたくなに移行を拒んできた企業には、リスクを追うだけの理由があるのかもしれない。よく聞くのが、業務上欠かせない処理に利用していてシステムを止められないとか、古いOSに併せて独自に開発したアプリケーションがあるといった例だ。

 また、リスクは理解していても、移行に割くリソースがないという切実な問題を抱える企業もある。予算はあっても移行を担う人材が不足していたり、中堅・中小企業などではそもそも専任のIT担当者がいないということも多いはずだ。

 だが、ため息をつく必要はない。安価で簡単に移行を手助けしてくれる製品があれば、最後までこじらせた移行の悩みも一気に解消する可能性が高い。一体、何を使うのか。次のページから見ていこう。

提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部