Loading
2015年02月20日 10時00分 UPDATE
PR

老朽化したWindows Server環境をクラウドへプラスが文具メーカー部門で「情報系サーバ全廃」「AWS移行」に踏み切った理由

文具・オフィス家具メーカー大手のプラスは、ステーショナリーカンパニーでBIをはじめとした情報系システム全般を「アマゾン ウェブ サービス」(AWS)へ移行。老朽化したWindows Server環境を一新し運用負荷の軽減に成功した。

[ITmedia]
tt_aa_pluslogo.jpg

 Windows Serverが企業システムを支えるサーバOSとして市民権を得てから久しいが、中にはあまりにも長く運用し続けてきたために、サーバの老朽化やアプリケーションの陳腐化に悩まされている企業も多い。折しも、「Windows Server 2003」のサポート期間が2015年7月に満了することもあり、近年にわかに「古いWindows Serverの扱い」が多くの企業でクローズアップされつつある。

 もちろん、思い切ってハードウェア/OSともに最新のものに刷新できれば理想的だが、当然ながらこれにはある程度のコストが掛かる。またOSのアップグレードに伴い、その上で稼働するアプリケーションの動作検証や改修作業の工数も発生する。こうした負担を嫌って、老朽化や陳腐化に「見てみぬふり」をしながら古い環境を使い続けてきた企業も多いのではないだろうか。

 しかし今、クラウドサービスを有効活用することで余計な負担を負うことなく、Windows Server環境を効率よく維持し続ける手法が一般化してきた。文具・オフィス家具メーカーとしておなじみのプラスも、クラウド活用によってWindows Server環境の運用効率向上に成功した企業だ。BIシステムをはじめとした情報系システムを中心に、老朽化したWindows Server環境の運用に課題を抱えていた同社ステーショナリーカンパニーは、サーバ環境を「アマゾン ウェブ サービス」(AWS)に移行することで、さまざまな課題を一気に解決したという。

提供:アマゾン データサービス ジャパン株式会社

提供:アマゾン データサービス ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部