Loading
2015年03月02日 10時00分 UPDATE
PR

愛知、東京、札幌で遠隔バックアップを構築眼科医療機器大手ニデックが社内のファイルサーバを大幅統合、ストレージ選びの決め手は?

部門ごとに設置されているファイルサーバをしっかり管理したい。眼科医療機器大手のニデックはこの問題の解決を目指し、先進的なストレージの導入を検討した。製品選びの決め手は何だったのだろうか。

[TechTargetジャパン]

 最近、「シャドーIT」という言葉をよく聞くようになった。企業のIT部門を通さず、部門や従業員が勝手に導入・利用している、「陰の存在」のようなITのことを指す言葉だ。特に、現場独自の判断で立てたファイルサーバの存在に手を焼いている企業が多いという。

 サーバやHDDの価格性能比が大幅に向上した結果、わずかなコストでかなりの容量を持つファイルサーバを手軽に導入したり、一般消費者向けのNAS装置が低価格で入手できるようになった。こうしたことを背景に、業務現場がそれぞれの判断でファイルサーバやNASを導入し、結果としてIT部門の管理が及ばない場所に重要な業務データが散在する状況に陥ってしまう……。

ik_tt_hq01.jpg ニデックの本社

 こうした状況を改善するために、ファイルサーバの集約に乗り出す企業も少なくないが、大事な業務データを1カ所に集中させるだけに、その仕組みの構築や運用には万全を期す必要がある。愛知県蒲郡市に本社を置く眼科医療機器大手のニデックは、こうした高いハードルを越えて、業務データの管理・保護の効率化に成功した企業の1社だ。その取り組みを紹介しよう。

提供:富士通株式会社

提供:富士通株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部