Loading
2015年03月18日 10時00分 UPDATE
PR

悩める企業を助ける「駆け込み寺」も用意「Windows Server 2003」移行の“早道”は支援策の事前検証にあり

2015年7月に延長サポートが終了する「Windows Server 2003」の移行が急務となっている。しかし、移行策を検討しながらも最終的に絞り込めていないとの声も少なくない。打開策はあるのか?

[TechTargetジャパン]

 IT担当者であれば、2015年7月に迎える「Windows Server 2003」の延長サポート終了(EOS)は重要なイベントだろう。サポート終了後も継続使用するとセキュリティに重大なリスクが生じることは当然把握しているはずだ。また、老朽化したハードウェアを利用し続けた場合、それだけ障害発生リスクも増す。

 ただし、EOS対策の情報収集を行いながらも、次のステップに踏み出せない企業も少なくない。特に中堅・中小企業に多く見られる傾向だ。その理由には予算や人材、社内的な理解の不足などが指摘される。一方、現場からは別の声も聞こえてくる。「情報収集の結果、ベンダー各社の支援策を把握できた。しかし、自社に最適なものを特定できず、実作業に移ることができない」という声だ。

 Windows Server 2003が最新OSであった当時と現在では、システムを取り巻く環境は大きく変化している。サーバ自体の処理能力や搭載機能が劇的に向上し、仮想化技術やクラウドなどが普及したことで、システム移行における選択肢は充実している。

 その中から自社に適した策を見極める一番の近道は、実際にその方法を試してみることだ。しかし、現状では時間も予算もない企業がほとんどだろう。EOSが間近に迫る中、この問題を打開する朗報が舞い込んできた。以降で具体的な内容を紹介しよう。

提供:レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社

提供:レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部