Loading
2015年05月12日 10時00分 UPDATE
PR

より安価な導入支援プログラムも提供単なるWindows Server 2003移行で終わらせないIT変革の3つのステップ

「Windows Server 2003」移行を単なるシステム更新だけに終わらせるのはもったいない。今からでも間に合うスマートな移行方法が企業にもたらすメリットを紹介しよう。

[TechTargetジャパン]

 「Windows Server 2003」の延長サポートがいよいよ2015年7月15日で終了する。既に最新の「Windows Server 2012 R2」環境への移行を完了している企業も増えているが、現時点で移行作業が進行中だったり、システム移行が7月までには間に合わないと諦めている企業も少なくないのが現状だ。

 こうした状況の中、シトリックス・システムズ・ジャパンではWindows Server 2003で同社の仮想化ソフトウェアを利用しているユーザー企業向けに、最新バージョンへのスムーズな移行の支援策を提案。さらに、Windows Server 2003からの移行を機に、最先端の仮想化技術を活用したワークスタイル変革の提案も推進している。同社は「今こそ最後の移行チャンス」と位置付けている。本稿では、同社のWindows Server 2003移行支援の取り組みを紹介する。

提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社

提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部