Loading
2015年10月26日 10時00分 UPDATE
PR

デル株式会社提供Webキャスト製品歩留りを25%改善、「IoT×ビジネス」活用の課題と導入のカギとは?

IoTによるビッグデータ分析に注目が集まる。IoTのビジネス活用には「ゴールが明確でない」「データの互換性や接続性」「適切なツール導入」という3つの課題がある。ソリューション導入のポイントを軸に、企業のIoT活用の課題と解決のヒントを探る。

[TechTargetジャパン]

 さまざまなセンサーから収集したビッグデータを分析し、品質改善や在庫の最適化、企業の意思決定などに活用するIoTの取り組みに注目が集まる。一方で、IoT活用には、どんな経営課題を解決するかゴールが明確になっていないケースや、異なるデータフォーマットやシステムを連携する際の互換性、接続性の問題、適切なツールの導入といった点で課題があるのも事実だ。

 本Webキャストは、企業のIoT活用をテーマにした動画解説である。実際にIoT導入した成功例として、半導体工場でビッグデータ解析により不良品の予測精度を高めて歩留まりを25%改善させた事例や、1日に1100億以上のサイバーイベントを分析するサイバーセキュリティの脅威分析システムの構築事例が紹介されている。

 また、センサーによるデータ収集から異なる場所にあるデータのマイグレーション、DWHの高速処理や、大量データの保存・管理、レポーティングまでをワンストップで行うIoTソリューションについても解説されており、IoTの活用を検討する担当者や顧客にIoT活用を提案するシステム会社の担当者には、ぜひ確認してほしい内容となっている。


Intel Inside®
パワフルなデータセンターを
ttabata_XEON_20151023.png

提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部