Loading
2015年10月30日 10時00分 UPDATE
PR

デル株式会社提供Webキャストビッグデータ活用に求められる「次世代型SSDストレージ」の要件とは?

企業のビッグデータ利用が加速化している。そうした流れの中で注目されているのが、ストレージ性能の高度化だ。SSDによるデータへのアクセススピード向上も気になる点だが、コストや運用性など総合的な能力アップについても探っていきたい。

[ITmedia]

 「次世代型ストレージ」と言うと、オールフラッシュアレイなど従来のHDDに代わって登場したSSDによるソリューションが思い浮かぶ。しかし価格帯が下がってきたとはいええ、企業ユーザーにとって自社システムに適用した場合の費用対効果は気になるところである。また、データの階層化などに関する運用効率についても確認しておきたい。

 企業規模の大小を問わず、ビッグデータ活用はもはや“将来のテーマ”ではなく、ITがビジネスに貢献するための直近の課題だ。その意味でも、次世代型ストレージには単に高速性能を求めるだけでなく、総合的な性能向上が期待されている。データ容量の可用性や既存システムとの親和性、そしてコストパフォーマンスなどの点から、現実的な対応力のあるストレージソリューションに注目が集まっている。

 本Webキャストは、ビッグデータ時代にふさわしい次世代型ストレージの要件について解説している。15kのHDDを置き換えるに足るだけのIOPSなどの性能数値も明らかにしつつ、最新のストレージソリューションについて具体的に説明している。ストレージの刷新や製品選択を検討している担当者には、ぜひ確認してもらいたい内容である。

Intel Inside®
パワフルなデータセンターを

デルのエンタープライズ製品はインテル® Xeon® プロセッサーを搭載可能
ge_intel_xeon151030.png
提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部