2015年11月11日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Microsoft Azure導入事例ライセンス管理ポータルを独自開発した大学がMicrosoft Azureを選んだ理由

通信教育を行っている英公立大学「オープン大学」は、教材に含まれる音声や映像の著作権管理に頭を悩ませていた。そこでライセンス管理ポータルの独自開発に着手。基盤にMicrosoft Azureを選んだ理由とは?

[Caroline Donnelly,Computer Weekly]
Computer Weekly

 高等教育を提供する組織は、魅力的なカリキュラムを用意するプレッシャーに日々さらされている。そのため、多くの大学がインタラクティブな講義、個別指導、セミナーを毎日実施している。こうしたプレッシャーは、通信教育の草分けであるオープン大学(OU:Open University)でも同じだ。だが、大きく異なる点がある。OUの学生は、英ミルトンキーンズのキャンパスを訪れることはほとんどなく、(書籍、CD、DVDの)郵送やWebで教材を受け取らなければならないことだ。

Computer Weekly日本語版 11月4日号無料ダウンロード

18013.gif

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 11月4日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 結果としてOUは、20万人の学生が科目に真剣に取り組めるよう、他の教育機関よりも多数のオーディオビジュアル(AV)コンテンツを使用することになる。そのため、同校職員が目にするビデオファイルの数は1万件を超える。

 自前で作成するコンテンツもあるが、ほぼ全てのコンテンツは外部の製作会社に作成を委託している。これらのコンテンツをくまなく追跡することが、OUにとって大きな悩みの種となっている。

 特に厄介なのは、第三者が著作権を持つ音楽や画像がビデオやオーディオに含まれる場合、それが使用許諾を受けていることを教材の検定担当が確認する義務があることだ。

 OUの知的財産に関する責任者を務めるアルマ・ヘールズ氏によると、以前は職員が大量のビデオやオーディオを視聴し、第三者の資産が使われているかどうかを確認していた。これは時間がかかるだけでなく非効率だったという。

 「使用されている全ての資材を記録し、その記録を使ってコンテンツを管理し、特定の教材に含まれる第三者の資産を正確に示すボタンを押すだけ、といったシステムが必要だった」と同氏は言う。

 この状況に対処するため、OUのライセンスおよび購入チームは、2014〜2015年期の実用化を目指し、2013年後半にProduction Portalプロジェクトを立ち上げた。

Microsoft Azureの選択

 予算内で期限に間に合わせるため、プロジェクトのインフラには米Microsoftの「Microsoft Azure」を使用することに決めた。他のクラウドプラットフォームを評価した上でAzureを選んだ理由は何か。OUの技術アーキテクト、グレン・ハーディング氏は、同校が既に非常に多くのMicrosoftテクノロジーを使用しており、今後統合上の問題が発生するリスクを減らすためだったと明かした。

 「当校には、『Windows Server 2003』と『.NET Framework 2.0』を基盤に構築したレガシーシステムが多い上、当校の全サーバをアップグレードする大規なプロジェクトが進行していた」とハーディング氏は言う。「当初から、『SQL Server 2012』と『.NET Framework 4.0』を対象にしなければならなくなることは分かっていた」

 しかし、Production Portalに着手する前にそれらがセットアップされる見込みがなかったため、チームはプロジェクトへの着手を遅らせるのではなく、直接Azureと連係することにした。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news026.jpg

2016「今年の○○」、“ほぼほぼ”納得のいく調査データまとめ
「2016年の○○」「今年の××」といったまとめ系調査が数多くリリースされる季節になり...

news106.jpg

コムニコ、企業やブランドのSNSアカウントに特化した投稿検索・分析ツールを提供
コムニコは、企業やブランドのSNSアカウントに特化した投稿検索・分析ツール「POST365」...

news025.jpg

博報堂とCCCマーケティング、Tカード会員1200万人分の実購買データに基づくリサーチパネル活用で協業
CCCマーケティング、博報堂、博報堂子会社の東京サーベイ・リサーチは業務提携を行い、T...