Loading
2015年11月16日 10時00分 UPDATE
PR

EMCジャパン株式会社提供ホワイトペーパーIDCレポート:デジタル時代のボトルネック 「ストレージ」をどう変革するか?

ビジネスを取り巻くテクノロジーの変化に対応するための「デジタル変革」には、企業ITにおけるボトルネック解消が欠かせない。そのカギが「ストレージ」だ。IT専門調査会社IDCの調査結果から、フラッシュ技術を採用したストレージ変革の優位性を探る。

[ITmedia]

 変化の激しいビジネス環境に柔軟に対応し、ビジネスの俊敏性を高めていくために、企業経営者は、組織変革、ITインフラの変革をはじめとした「デジタル変革」に取り組む必要がある。経営層の74.9%が、デジタル変革により、新製品と新サービスの迅速な市場導入が促進されると考えているという数字もある。

 本レポートは、IT専門調査会社IDCによる、「デジタル変革」においてボトルネックとなるストレージの変革をテーマにした調査資料である。企業ITにおけるパフォーマンスのボトルネックはサーバからストレージに移っているとし、その課題を解決する鍵を、フラッシュメディアのみを使用したネットワークシステムである「AFA(オールフラッシュアレイ)」が握っていると指摘する。

 資料では、グローバル、特にアジア太平洋市場におけるAFA採用状況、採用動機、ベンダー選択基準、導入優位性などの調査結果が示されている。資料の末尾には、エンタープライズフラッシュ最適化のための「検討用チェックリスト」も付いており、デジタル変革によりビジネスの俊敏性を高めたいと考えるIT担当者に、ぜひ確認してほしい内容だ。