Loading
2015年11月17日 10時00分 UPDATE
PR

基幹系だからオンプレミス……はもう古い!基幹系システムのクラウド化を阻む「データベース」の課題、回避するには?

企業の根幹を支える基幹系システム。そのクラウド移行の動きが活発化する中、データベースを取り巻く課題に直面し、移行に二の足を踏む企業も少なくない。その課題と具体的な解決策を示す。

[ITmedia]

 「クラウドファースト」というキーワードをよく耳にするようになった。企業システムを更改する際、そのインフラとしてオンプレミスではなく、まず優先的にクラウドを検討するという意味だ。かつて企業システムにおけるクラウド利用といえば、開発環境や情報系システムがメインだった。だがクラウドの信頼性や性能が向上し、企業システムにおける導入例も増えるに従い、基幹系システムもクラウドで構築する企業が続々現れてきた。

 一方で、オンプレミスで運用し続けてきた基幹系システムをクラウドへ移行する際は、幾つかのハードルが存在することも事実である。物理リソースを複数のユーザー間で共有するクラウドでは、やはり性能面で不安を抱くユーザー企業は少なくない。特に基幹系データベースの性能や可用性に関しては、いまだにクラウドに信頼を置けないと考える向きもあるだろう。またデータベースソフトウェアのライセンス体系もオンプレミスとクラウドで異なることが多く、クラウド移行に伴い保有ライセンスへの投資が無駄になってしまうのではないかという不安も拭えない。

 こうしたユーザー企業の課題や不安は、当然のものとして受け入れなければならないのだろうか。実はクラウドサービスの中には、現状を踏まえ、あらかじめ解決策を用意しているものが存在する。基幹系システムやそのデータベースでも安心して移行できる、その具体策を見ていこう。

提供:NTTコミュニケーションズ株式会社

提供:NTTコミュニケーションズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部