Loading
2015年12月24日 10時00分 UPDATE
PR

デバイス管理、ユーザーID管理、データ保護モバイル管理にEMS、“使いこなせるか心配”なIT担当者が知っておくべきこと

モバイル化に伴い突き付けられる新たなセキュリティ課題の数々。「Enterprise Mobility Suite」(EMS)を導入すればうまくいくのか? IT担当者の「そこが知りたい」に答える。

[ITmedia]

 スマートフォンやタブレットなどモバイルデバイスの普及、さらにはクラウドの進展に伴い、企業でもモバイルとクラウドへの取り組みが本格化し始めている。その中で、多くの企業で課題になっているのが、既存のオンプレミスのシステム環境に、モバイルやクラウドをどう展開し、運用管理していくかという点だ。

 こうした課題を解決するソリューションとして注目を集めているのが、日本マイクロソフトの「Enterprise Mobility Suite」(以下、EMS)である。EMSは、ユーザーID管理、デバイス管理、データ保護の機能を1つにまとめて提供し、クラウド環境におけるモバイルデバイスの運用管理を包括的にサポートするスイートソリューションとなっている。

 一方で、EMSの導入を検討しているがどう進めたらよいのか分からない、導入したもののうまく機能を活用しきれていないなどの悩みを抱えている企業も少なくないのが現状だ。本稿では、EMSの導入に踏み切れない企業、またEMSをさらに使いこなしたい企業に向けて、そのベストプラクティスを紹介する。

提供:日本ビジネスシステムズ株式会社

提供:日本ビジネスシステムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部