Loading
2016年04月25日 10時00分 UPDATE
PR

膨大な警告にどう対処すべきなのか効率的なセキュリティ対策実現のポイントは、インターネットの“縮小”?

日々、高度化し増えるサイバー攻撃。数々のセキュリティ対策製品を導入しても、警告が多過ぎて管理者が対応しきれなくなる可能性がある。その問題をトラフィックに注目して解決する方法がある。

[ITmedia]

 あらゆる場所であらゆるモノがインターネットに接続されるようになり、個人や企業がサイバー攻撃にさらされるリスクは極限まで高まっている。当然のことながら、企業はビジネスや資産を守るために、さまざまなセキュリティツールやセキュリティデバイスを導入し、できる限りの対策を講じようと試みていることだろう。

 しかし、インターネットのリスクは、とどまるところを知らない。高度化・凶暴化するサイバー攻撃に対して、セキュリティベンダー各社も画期的な技術を提供している。だが、そうした多様なソリューションを導入したり運用したりすること自体が、企業に大きな負荷を掛けている可能性がある。

 そこで問いたいのは、「そもそもインターネットから流れ込んでくるトラフィックは、全て検査しなければならないのか」という点だ。明らかな攻撃トラフィックであれば、細かに検査するまでもなく、排除できるのではないだろうか。

 そうすれば、セキュリティデバイスは自らの性能・機能を最大限に発揮でき、セキュリティ担当者は本当に見るべきインシデントだけに集中できるようになる。本稿では、そうしたコンセプトで開発された、新しい“セキュリティレイヤー”というべきソリューションについて紹介する。

提供:イクシアコミュニケーションズ株式会社

提供:イクシアコミュニケーションズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部