2016年04月28日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Computer Weekly製品ガイドサポートスタッフがコントロールを手放す潮時

広く普及したBYODのトレンドは後戻りできない。IT部門は従業員へアプリケーションを配信するための新しい手段を採用する必要がある。

[Cliff Saran,Computer Weekly]
Computer Weekly

 従業員が私物のスマートフォンを職場に持ち込み、IT部門の許可なく会社のWi-FiやExchange Serverに接続してしまうことも珍しいことではない。多くの点で、私物端末の業務利用(BYOD)のトレンドは、IT部門に役割の再考を迫っている。最初は私物のiPhoneを職場で使いたいという要望が始まりだったかもしれないが、その重点はコンピュータ環境全体を網羅するまでに広がってきた。

Computer Weekly日本語版 4月20日号無料ダウンロード

19163.gif

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 「エンドポイントサポート担当者は業務環境について考え直し、サプライヤーと連携してアーキテクチャとコストの基準を立て直す必要がある」。Gartnerの副社長で著名アナリストのケン・ダラニー氏はそう指摘する。

 かつて、IT部門はWindowsイメージを全社的に導入し、少数のハードウェアとソフトウェアの設定を管理して、それを全従業員に適用することができた。だが、SaaSとクラウドの普及により、ユーザーはもはや標準的なPCに搭載したWindowsに縛られなくなった。Gartnerの予想では、特定のプラットフォームに縛られるアプリケーションはいずれ30%を割り込み、ほとんどのアプリケーションはバックエンドで動作してブラウザやモバイルアプリ経由でアクセスされるようになる見通しだ。

 ダラニー氏は言う。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

佐藤尚之氏が語る、新規獲得が難しい時代だからこそ「ファン」を大切にすべき理由
これからのマーケティングが「ファンベース」であるべき理由とは何か。コミュニケーショ...

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...