Loading
2016年08月04日 10時00分 UPDATE
PR

実際の活用事例から学ぶIoTの未知の要件に応える、リアルタイム分析を実現するクラウド基盤の形とは

モノとインターネットがつながり、新しい価値を生み出す「IoT」。取得したデータを最適な形に変換し、高度に分析するにはどうすればいいのだろうか。

[ITmedia]

 さまざまなモノがインターネットにつながり、センサーで得たデータを情報を分析し、新しいビジネスや価値を生み出す「Internet of Things」(IoT:モノのインターネット)が多くの企業で注目されている。工場の動線分析・管理や自動運転開発などでは、IoTが既に活用されている。

 IoTをビジネスで進める上で、重要になるのがさまざまなデバイスから得られる異なる形式データを使いやすいように処理する「IoTゲートウェイ」とそのデータを受け取り活用に結び付ける「プラットフォーム」だ。それぞれどのような選び方をし、どのように活用すればいいのか、実際の活用事例と一緒に紹介する。

※本稿は、@IT記事を再構成したものです。

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社

提供:日本アイ・ビー・エム株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部