Loading
2016年12月07日 12時00分 UPDATE
PR

レノボ・ジャパン株式会社提供ホワイトペーパーどのベンダーで買っても同じか? キーマンが語るx86サーバの今と未来

もはやx86サーバはコモディティ製品だと見られがちだが、必ずしもそうではない。機能性や信頼性、サポート体制、そして限りなく生まれるニーズに応える新技術の開発など、x86サーバのキーマンによる対談から明らかにする。

[ITmedia]

 x86サーバの利用は広がり、ベンダーごとの差別化が難しく、コモディティ製品のように扱われることもある。しかし製品の機能や信頼性、サポート体制などはやはりベンダーによって異なり、またハイパーコンバージドインフラ(HCI)やソフトウェアデファインドストレージ(SDS)といった新たなサーバ形態も登場している。

 既存技術の成熟と新技術の投入、その両方にどれだけ対応し、何を生み出していき、向かう先はどこなのか。x86サーバ事業を日本アイ・ビー・エムから継承し、インテル® Xeon® プロセッサー搭載のSystem x として販売しているレノボジャパンと、サービスインテグレーターへの転換を進めている日本アイ・ビー・エムの戦略的アライアンスについて、両日本法人のキーマンによる対談を通じて解き明かしていく。

ご購入前のご相談・お見積りのご依頼はこちら

メールアドレス:hojin_jp@lenovo.com

TEL:0120-68-6200

受付時間:月曜日〜金曜日 9:00〜17:30(土、日、祝日、5月1日、12月30日〜1月3日を除く)

URL:http://www.lenovojp.com/business/product/server/