Loading
2016年11月30日 10時00分 UPDATE
PR

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパーランサムウェア対策で押さえるべき3要件――いつもの方法ではデータを守れない

国内でも感染被害が急拡大しているランサムウェアだが、その感染を完全に防ぐことは難しく、予防策と同時に事後策を用意しておくことが望ましい。そこで注目されるのが「バックアップによるデータ保護」だ。なぜバックアップなのか。

[提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社]

 日本でも被害が拡大しているランサムウェア。感染するとコンピュータ内のファイルを勝手に暗号化し、解除するために身代金を払えと脅してくる。実際、重要データを人質に取られ、その要求に屈して身代金を支払ってしまう企業も多いという。

 しかし犯人の要求に従ったとしても、確実に復号してもらえるとは限らない。またランサムウェアをはじめとする近年のマルウェアは、セキュリティ技術をくぐり抜けて感染する手口が用いられており、どれだけ既存の防御を重ねても完全に予防することは困難だ。

 そこで、もし感染しても被害を最小限に抑えるという考え方が生まれた。キーワードとなるのが「バックアップ」である。「バックアップ対象」「データ保持期間」「バックアップ方法」という3要件を押さえることが、なぜランサムウェア対策で重要なのか。詳しく見ていこう。


Intel Inside® 飛躍的な生産性を

インテル® Xeon® プロセッサー搭載 HPE StoreOnce

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。