Loading
2016年12月16日 10時00分 UPDATE
PR

ビッグデータ時代の課題を一刀両断!これぞ“ストレージ維新” x86ベースのSDSアプライアンスの実力

レノボ・ジャパンが、最新のSDSアプライアンス「DX8200シリーズ」の出荷を開始した。これまでのストレージの概念を大きく変える可能性を秘めた新製品の実力はいかに。

[ITmedia]

 企業で扱うデータ量が猛烈な勢いで増え続けている。その増加スピードは企業がストレージを導入する際の予測を超えていくほどだ。つまり、従来のストレージシステムでは容量拡張が追い付かず、ビジネスの成長の足かせとなっている可能性があるのだ。

 そこで今、注目されている新技術が「SDS(ソフトウェア定義型ストレージ:Software-Defined Storage)」だ。汎用(はんよう)サーバとストレージソフトウェアを使って「運用が柔軟なストレージ」を実現するものだが、そのためにはハードウェアとソフトウェアを別々に調達し、ユーザー自身でシステムを組み上げねばならないという課題に直面する。

 この状況を打破すべく、レノボ・ジャパンは「Lenovo Storage DX8200シリーズ」の出荷を2016年11月に開始した。信頼と実績のあるx86サーバ「System x」をベースにストレージソフトウェアを組み込んだアプライアンス製品だ。早くも市場では、これまでのストレージの概念を大きく変え、「ストレージ維新」さえ感じさせる製品として注目されている。その実力を見ていこう。

本稿は、ITmediaエンタープライズからの転載記事です。


ご購入前のご相談・お見積りのご依頼はこちら

メールアドレス:hojin_jp@lenovo.com

TEL:0120-68-6200

受付時間:月曜日〜金曜日 9:00〜17:30(土、日、祝日、5月1日、12月30日〜1月3日を除く)

URL:http://www.lenovojp.com/business/product/server/


提供:レノボ・ジャパン株式会社

提供:レノボ・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部