2017年02月10日 10時00分 UPDATE
PR

ハイパーコンバージドインフラ、選択のポイント【後編】安心と先進性を両立、注目ハイパーコンバージドの“サポート力”とは

メリットは理解しながらもサポートが心配でハイパーコンバージドインフラに踏み出せない。企業のそのような悩みを解決する製品が注目されている。そのサポート力とは?

[ITmedia]

 現在、エンタープライズITの世界で最も注目を集めている製品ジャンルの1つが、「ハイパーコンバージドインフラ」(以下、HCI)だ。仮想化環境のインフラ構築に必要なサーバ、ストレージ、ネットワーク、ハイパーバイザーソフトウェアなど全てのコンポーネントを、コンパクトな筐体にまとめて提供するアプライアンス製品だ。

 ただしHCIはまだまだ新しい製品ジャンルであり、これまで海外ベンダーを中心に開発・提供されてきたため、日本企業が導入するにはさまざまな面で不安がつきまとっていたことも事実だ。ポイントになるのは製品の良さに加えて、ベンダーによるサポート能力だ。ハードウェアやソフトウェアだけではなく、総合的なサポート能力の高さで安心して使うことができるHCI製品が登場した。関係者の声を紹介する。

提供:ヴイエムウェア株式会社、ソフトバンク コマース&サービス株式会社、株式会社日立システムズ

提供:ヴイエムウェア株式会社、ソフトバンク コマース&サービス株式会社、株式会社日立システムズ
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部