Loading
2017年03月01日 10時00分 UPDATE
PR

新規開拓が全てじゃない間違いだらけのデジタルマーケティング、LTV(顧客生涯価値)アップのため何をすべき?

マーケティングの目標として「新規顧客獲得」を重視する企業は多い。だが、そこにばかり目を奪われて既存顧客が離れてしまっては、業績は上がらない。どうすればいいか。

[ITmedia]

 多くの企業、特にB2Cのビジネスにおいては、いかに新規の顧客獲得を獲得するかが、マーケティング部門や営業部門の重要課題となっている。しかし、現実的には少子高齢化の流れの中で、高度成長期のような右肩上がりの成長計画を描くのは難しい。

 一方で、技術革新がもたらす製品のコモディティ化で競争はますます激しくなっている。これに伴い、既存顧客の流出に頭を悩ませている企業も少なくないはずだ。

 成熟市場で持続的な発展を遂げるため、向かうべきはアクイジション(新規顧客獲得)ではなくリテンション(既存顧客の維持)だ。これを実践できているかどうかが、企業の命運を分ける。いたずらに新たなニーズを追い求めるよりもまず、バケツに空いた穴をふさいで水漏れを止めることから始めなくてはいけない。

 既存顧客にいつまでもそのまま顧客でい続けてもらうため、企業は何をすべきか。そしてIT部門はそこにどんな貢献ができるのか。以下のページで解説しよう。

提供:エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア株式会社

提供:エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部