Loading
2017年02月27日 10時00分 UPDATE
PR

「最初は使っていたけれど使わなくなった」待望のBIツール、なのに導入後間もなくリプレースを検討した理由とは

現代の経営戦略では、複雑になるビジネス環境に応じて高度な分析を臨機応変に実施する必要がある。失敗しがちなBIツール導入を成功する上での条件を考える。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 それまで情シスや業務部門が、「Microsoft Excel」(以下、Excel)などの表計算ソフトで四苦八苦しながら行っていたデータ集計、分析、レポーティング。ようやくその負担を軽減できると誰もが導入を待ち望んでいたはずのBI(ビジネスインテリジェンス)ツールなのだが、導入して間もなく、社員の“BI離れ”が加速して不本意ながらリプレースを検討せざるを得ない状況の企業が、意外にも少なくないという。

 なぜ、せっかくのBIが社員から使われなくなり、宝の持ち腐れとなってしまうのだろうか。この記事では、選定時に見逃しがちな、従来型のBIに潜む重大な落とし穴をあぶり出し、ムダな投資をしないための対処法を紹介していこう。

※本稿は、キーマンズネットからの転載記事です。

提供:株式会社ジャストシステム

提供:株式会社ジャストシステム
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部