Loading
2017年04月03日 10時00分 UPDATE
PR

比較表で製品の特徴を解説ハイパーコンバージドインフラ製品を選ぶ上でのポイントとは?

「ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の選び方は難しい?」。このような指摘は本当だろうか。本コンテンツでは比較表を交えながら識者がHCIの選び方を説明する。

[TechTargetジャパン]

 さまざまな仮想化技術や実装形態があり、製品選択が簡単ではないと考えられている「ハイパーコンバージドインフラ(HCI)」。容易に拡張可能で、運用管理性の高いITインフラとしてHCIに注目する企業が増える中で、その製品選択の方法にも関心が高まっている。

 だが、実はHCIの製品選びはシンプルなのだという。ポイントになるのは採用する仮想化ハイパーバイザーと、スモールスタートするか、ある程度の規模で利用を開始するかだ。本コンテンツでは、分かりやすい比較表を示しながら識者がHCIの製品選びの方法を解説する。

Dell EMC PowerEdge R430

インテル® Xeon® プロセッサー搭載。2ソケット1Uラックサーバのエントリーモデル。2ソケットによる最高パフォーマンスで、HPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)、Web技術、インフラのスケールアウトに対応。
提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部