Loading
2017年08月02日 10時00分 UPDATE
PR

ヴイエムウェア株式会社提供ホワイトペーパーハイパーコンバージドがさらに進化、拡張性とコスト効率を向上させる技術とは?

拡張性やコスト効率の高さ、管理のシンプルさなど、さまざまなメリットを備えたハイパーコンバージドインフラ。その中でも大きく注目されている、ハイパーバイザーをベースとした製品を紹介する。

[ITmedia]
画像

 サーバにストレージを統合したインフラとして脚光を浴びている「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)。ビジネスの成長スピードに合わせてコンピュート性能やストレージ容量の拡張が行えることから、多くの企業で導入が進み始めている。

 HCIには、手軽にスケールアウトできる柔軟性、サーバを有効活用できるコスト効率の高さ、シンプルな管理性など多くのメリットがあるが、近年は、ハイパーバイザーをベースにした製品も登場。ストレージ仮想化と統合管理機能をミックスすることで、さらに幅広い用途に対応できるようになった。

 本コンテンツでは、このような次世代型のHCIの特長を紹介する。HCIの効果が分かりやすく解説されているため、導入を検討する際には一読しておきたい。