2017年09月12日 08時00分 UPDATE
特集/連載

セキュリティと軽量性が特徴Dockerに最適の超軽量ディストリビューション「Alpine Linux」

Dockerのコンテナで動かすOSとして、Alpine Linuxが注目されている。軽量かつ堅牢な理由とは何か。Alpine Linuxの魅力を紹介する。

[Adrian Bridgwater,Computer Weekly]
Computer Weekly

 「Alpine Linux」は“"極めて小さく”“パワーユーザー”に最適と評されるディストリビューションだ。

 Alpine Linuxプロジェクトは「Gentoo Linux」から派生し、現在は完全にGentooの手を離れてセルフホスティングされている。Alpine Linuxはmusl libcとBusyBoxを基盤とする、セキュリティ指向の軽量Linuxディストリビューションだ。

Computer Weekly日本語版 9月6日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 9月6日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

頑丈で強固なカーネル

 Alpine Linuxは堅牢(けんろう)なカーネルを使用し、ユーザー空間の全てのバイナリを、スタック破壊保護機能を備えた位置独立実行形式にコンパイルする。

 Alpine Linuxは、複雑さや障害、あるいは無関係な機能を追加することなく、必要なものだけをプロビジョニングできるという点で「NanoBSD」と比較される。NanoBSDは、組み込みアプリケーション用の「FreeBSD」システムイメージを作成するツールで、ポール・ヘニング・カンプ氏によって開発された。

Dockerの切り札

 Alpine Linuxプロジェクトは、「Docker」の新しいベース“イメージ”に選ばれたことから、ここ最近認知度や評判が高まっている。Dockerは以前、「Ubuntu」をベースイメージに採用していた。

 開発チームは次のように語る。「Alpine Linuxは非常にシンプルなディストリビューションで、やろうとすることを妨げないようにしている。使用するのは、“apk”という独自のパッケージマネジャー、OpenRC initシステム、スクリプト駆動型のセットアップ、ただそれだけだ。そのため、ノイズが全くない、シンプルで非常に明瞭なLinux環境を提供する。プロジェクトに必要なパッケージだけをこの環境にアドオンできるため、ホームPVR(Personal Video Recorder)、iSCSIストレージコントローラー、超薄型メールサーバコンテナ、堅牢な組み込み型スイッチのいずれをビルドする場合でも、何も邪魔になるものはない」

技術的にAlpine Linuxの効率が優れている理由

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news017.jpg

オンライン動画コンテスト「BOVA」贈賞式開催、2018年の傾向は?
宣伝会議はオンライン動画コンテスト「BOVA」の第5回贈賞式を開催した。

news103.jpg

「アドエビスリサーチ」、450万人の消費者データを活用してWeb広告やWebサイト接触者限定の調査が可能に
ロックオンは、クロスマーケティンググループのディーアンドエムと協業を発表。「アドエ...

news098.jpg

モバイルアプリ広告のYouAppi、人工知能で細かなセグメンテーションを実現するリエンゲージメント広告を提供
モバイルアドテクノロジーのYouAppiは、モバイルアプリ広告配信プラットフォーム「360° ...