Loading
2017年09月26日 10時00分 UPDATE
PR

AI育成時に見落としがちな課題「使えるAI」はこう作る 〜ディープラーニングの実力を引き出すポイント

AI活用が広がる一方、ディープラーニングのための教師データの作成やコンピュータの計算速度などユーザーがぶつかる課題は多い。先端のAI開発現場から解決の糸口を知る。

[ITmedia]

 AI(人工知能)の実用化を強力にけん引する「ディープラーニング」。だが、実際に導入しようとすると、「学習の基となる教師データが足りない」「高速なコンピュータを手当てできず、十分な学習ができない」といった課題に直面することが少なくない。これらの課題を解決するためにはどうすればよいのか。現状を探った。

提供:富士通株式会社

提供:富士通株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部