2017年10月27日 08時00分 公開
特集/連載

全ソースコードをコミュニティーに公開NoSQLデータベース「Riak」をBet365が買収、エンタープライズ版もオープンソース化

BashoからRiakのソースコードや商標権を買収したのは、ソフトウェア企業ではなくブックメーカー企業のBet365だった。

[Cliff Saran,Computer Weekly]
Computer Weekly

 オンラインブックメーカーサイトを運営するBet365は、Basho Technologies(以下「Basho」)の分散型NoSQLデータベース「Riak」を買収する計画を発表した。

Computer Weekly日本語版 10月18日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 10月18日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 同社はNoSQLデータベーステクノロジーの開発を継続する計画を立てている。社内でもこのテクノロジーを運用しており、Riakのスキルに多大な投資をしているためだ。

 Bet365のミドルウェア向けシステム開発マネジャー、アンドリュー・ディーン氏は、「私は以前Canonical製品を使用していた時期がある。このとき初めて、大企業としてオープンソース製品やそのコミュニティーを受け入れ、支援することを経験した」と話す。

 Bet365は4〜5年前からRiakを運用してきた。当初はキーバリューストアとしてオープンソース版を試用し、その後エンタープライズ版に移行して主要ユーザーの1つとなった。 「当社はRiak専任の開発者チームを配置しており、このチームはかなりの人数だ」とディーン氏は話し、Bet365のさまざまな場面でRiakを導入していると付け加える。例えばBet365ではベット(賭け)の配置システムでこの種のコンポーネントを使用し、これを水平展開して、データの問題を全てRiakで解決していると同氏は説明する。

 「これは非常に効果的だったので、Riakが受け入れられるようになった」と同氏は当時を振り返る。Bet365はBashoの経営難を知り、エンタープライズ版の権利を確保することを決断した。このバージョンはデータセンター間のレプリケーションをサポートしている。

 Bet365はBashoの知的財産(IP)を保有するものの、Riakはコミュニティーで継続的に改善していくプロジェクトと捉えているため、エンタープライズ版もオープンソース化する予定だ。

 また同社には、Riakコミュニティーと協力して製品の改善に取り組む計画もある。ディーン氏は今後の抱負を語る。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news017.jpg

オンライン動画コンテスト「BOVA」贈賞式開催、2018年の傾向は?
宣伝会議はオンライン動画コンテスト「BOVA」の第5回贈賞式を開催した。

news103.jpg

「アドエビスリサーチ」、450万人の消費者データを活用してWeb広告やWebサイト接触者限定の調査が可能に
ロックオンは、クロスマーケティンググループのディーアンドエムと協業を発表。「アドエ...

news098.jpg

モバイルアプリ広告のYouAppi、人工知能で細かなセグメンテーションを実現するリエンゲージメント広告を提供
モバイルアドテクノロジーのYouAppiは、モバイルアプリ広告配信プラットフォーム「360° ...