2017年12月07日 10時00分 公開
PR

仮想化で変わるSMBのITインフラ【前編】物理ネットワークは問題だらけ!? ネットワークも仮想化すべき理由

サーバは仮想化していても、ネットワークは物理環境のままという企業は多い。だがそれではビジネスの変化に追随できない。物理ネットワークの運用は限界にきている。

[ITmedia]

 昨今、企業規模にかかわらず、多くの企業がサーバ仮想化によって物理サーバの台数削減や調達時間の短縮、システム立ち上げスピードの向上といった恩恵を享受している。だがネットワークは旧来のまま物理構成で、インフラ全体を仮想化するには至っていない企業がほとんどではないだろうか。そこにはどのような問題が潜在しているのか。またネットワーク仮想化で、中堅・中小企業(SMB)のITインフラはどのように変化し、いかなるメリットがユーザーにもたらされるのか。

 以降、ネットワーク仮想化のスペシャリストの2人が、物理ネットワーク環境の課題、ネットワーク仮想化をするメリットを考察する。

提供:ヴイエムウェア株式会社、ソフトバンク コマース&サービス株式会社

提供:ヴイエムウェア株式会社、ソフトバンク コマース&サービス株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部