2018年01月25日 10時00分 公開
PR

“現実的”な働き方改革の一手働き方改革に全力で取り組む企業のデジタルワークスペース活用術とは

システムを導入したがごく一部の従業員しか使ってくれない、そんな悩みはないだろうか。システムを入れただけでは駄目となると、成功している企業は何が違うのか。

[ITmedia]

 長期的な人口減少傾向や少子高齢化など、さまざまな要因から、働き方改革を推進することで労働生産性を向上させ、これまで以上に多様な働き方を支援していかなくてはならない、という認識が社会全体で高まりつつある。

 働き方改革を進める上で重要になるのが、場所や時間を問わない働き方を可能にする、適切なシステムの構築だ。だがシステムを導入しても、現場のニーズに合わなかったり、使い勝手が悪かったりして、従業員の一部しか使ってくれなければ導入効果を発揮できない。

 確実に働き方改革を進めるには、どのような視点でシステム構築を進めるべきなのか。働き方改革に関してさまざまなシステムを実地に試し、ビジネスにも好影響を及ぼしているという、ある企業の取り組みから、その答えを探る。

提供:ヴイエムウェア株式会社、ソフトバンク コマース&サービス株式会社、ネットワンシステムズ株式会社

提供:ヴイエムウェア株式会社、ソフトバンク コマース&サービス株式会社、ネットワンシステムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部