2018年02月01日 10時00分 公開
PR

リアルな検証数値で分かったクラウドバックアップの実力実用段階に入ったクラウド活用、本当の有用性を考える

クラウドが身近になってきたとはいえ、実際どこまで使えるのか。特に有用性の見極めが難しいバックアップについて、パフォーマンスを検証してみた。

[ITmedia]

 バックアップは、企業ITになくてはならない施策の1つだ。そして、時代とともにその課題は変わってきている。新しい技術によって、柔軟にバックアップを取得・保管できるようになった一方で、自社に最適かどうかを判断することが難しくなっているのだ。

 選択肢の1つとして昨今特に注目されているのが、クラウドサービスを活用したバックアップだ。クラウドであれば、サーバやストレージをサービスとして柔軟に利用できるし、必要なときだけ使えば料金も抑えられる。

 データやシステムの保管先として、一定の条件下でクラウドに優位性があることは間違いない。しかし実際、企業ITの現場では、クラウドサービスをバックアップに利用している例はまだ多くない。新しい技術に不安を感じたり、導入効果について十分に検証できなかったりするためだ。

 そこで本稿では、クラウドバックアップが実際にどれほど有用であるか、あるいは実務に耐え得るかを、実機・実サービスを活用した検証を通じて紹介する。

提供:arcserve Japan合同会社

提供:arcserve Japan合同会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部