2018年07月04日 10時00分 公開
PR

「一人情シス」でも容易な運用小規模環境でもHCIを実現できる「vSAN」導入3つのポイント

HCI環境が人気だが、サーバの台数や10GbEスイッチが必要になるなど、小規模環境には依然ハードルが高い。そこでVMwareのHCI「vSAN」の小規模環境への有効性を探る。

[ITmedia]

 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)環境の人気が高い。最近ではハードウェアを入れ替える際に、エンドユーザーから「HCIで見積もりを出してほしい」と言われるほどだ。エンドユーザーがHCIに感じているメリットは、「コスト」「運用」「拡張性」に集約される。

 コスト面では、冗長化がしばしば課題となる。また、リソースを十分に活用できておらず、無駄が多いというケースもある。運用面では、よく耳にするのは“属人化”だ。一人情シスというケースもあるし、たとえ数人いてもストレージに明るい人材が限られることが多い。そこに設備投資するとなると、運用負荷がさらに増大してしまう。拡張性の面では、容量不足を抱えつつも物理サーバの仮想化への移行が困難という問題がある。

 HCIに関わるこのような課題は解決可能なのだろうか。最新技術に精通した識者が解説する。

提供:ヴイエムウェア株式会社、ソフトバンク コマース&サービス株式会社

提供:ヴイエムウェア株式会社、ソフトバンク コマース&サービス株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTargetジャパン編集部