TechTargetジャパン

事例
「LINE×自動対応」で新規顧客を開拓、日興証券に学ぶコンタクトセンター改善法
 SMBC日興証券の運営するコンタクトセンターは、国際機関からも高い評価を受けるなど国内屈指のサポート品質を誇る。証券業界の課題である、若年層をはじめとする証券取引ビギナーの顧客拡大を目指して、同社が導入したのが「LINE」でのAIチャットボットだ。 もともと証...(2017/10/5 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

その他
インダストリー4.0・IoT 第4次産業革命は 次のステージへ 〜見えてきた未来への道筋〜
ものづくりを応援する業界紙「オートメーション新聞」がお送りする、第4次産業革命、IoTに特化した小冊子「Industry4.0 IoTナビ」の第三弾のダイジェスト版。今回は「見えてきた未来への道筋」と題し、ファナックの主導するField System、安川電機の考えるインダストリー4...(2017/10/19 提供:株式会社アペルザ)

市場調査
クラウドインフラに関するアンケート(2017年6月)
TechTargetジャパンとキーマンズネットは、会員を対象に「クラウドインフラに関するアンケート調査」を実施した。調査結果から、ツールの利用状況や検討状況が明らかになった。目的:TechTargetジャパン会員とキーマンズネット会員で、IT製品・サービスの導入に関与する方...(2017/9/19 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

レポート
「第6回IoT/M2M展」「第8回クラウドコンピューティングEXPO 春」展示会レポート
IoT/M2Mシステムを構築するための無線通信技術やセンサーなど、さまざまなアプリケーションや、クラウドコンピューティングに関する製品、サービスが一堂に集まる展示会。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加でき...(2017/9/12 提供:株式会社アペルザ)

製品資料
コールセンター業務の無駄な通話料金を削減、CRM搭載クラウド型CTIの実力は?
 クラウドCTIの構築を検討する場合、コールセンターシステムと電話回線をセットで用意する必要がある。また、実際にシステムを運用する際に重要なのが、コールセンターシステムが高機能であることと、ランニングコストをいかに安く抑えるかだ。 そこで検討したいのが、P...(2017/5/19 提供:NSSホールディングス株式会社)

製品資料
ビジネスを強くする法人向け格安SIMを探せ
 スマートフォンの関連書籍や宣伝で「格安SIM」という言葉を見聞きする機会が増えている。SIMはスマートフォンに組み込んで通話やデータ通信を行うために必要なICカードだ。NTTドコモにau(KDDI)、そしてソフトバンクモバイルの主要移動体事業者だけが販売していた当時...(2017/4/10 提供:ニフティ株式会社)

技術文書
NECが「SD-WAN」で実現する企業ネットワークの将来像とは
従来の企業WANにおいて、以下のような課題が上がっている。・高額な回線サービス・ブラックボックス化(不可視・属人化・複雑化等)・不安定な通信品質・クラウド等、通信量の増加・障害停止時間の長期化・セキュリティの脆弱性こうした課題に対して、NECの「SD-WAN」では...(2017/5/12 提供:日本電気株式会社)

レポート
TechTargetジャパン Data Report 2016(2015年4月〜2016年3月版)
 コンテンツマーケティングを職務の1つとするマーケティング担当者にとって、「どのようなコンテンツを作れば、アプローチしたい読者に見てもらえるのか?」という悩みは尽きることはない。 本コンテンツは、2015年度にTechTargetジャパンに掲載され、読者にダウンロー...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

事例
高度な3D CADからVRまで――鹿島建設の業務を支えるモバイルワークステーション
 建築物の3D CADデータにさまざまな管理系情報をひもづけたBIM(Building Information Modeling)は、建設コストの低減や施工の迅速化に欠かせない情報だ。大手総合建設会社の鹿島建設は、このBIMデータを社内外で共有できる専用プラットフォームを構築し、計画段階から...(2016/8/29 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

事例
【事例】鹿島建設がBIMを活用するために、採用した高性能ワークステーションとは
 鹿島建設は、2011年3月に東日本大震災が発生したことを受け、省エネルギーの推進やバッテリー駆動による業務継続が容易なノートブックPCに着目し、特別な事情がない限りはユーザー端末としてノートブックPCを調達することを決めており、処理性能、モバイル性、コスト・...(2016/8/29 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

比較資料
1社で2000年当時のインターネット全体に匹敵する規模に成長したクラウド“ビッグ4”は、複雑さをどう手なづけるのか?
 成長を続けるクラウド“ビッグ4”は、それぞれが単独で2000年代初頭のインターネット全体に匹敵する規模に達している。膨れ上がる「複雑さ」をより低コストに取り扱うためには「人工知能」(AI)が欠かせない。CPS利用と組み合わせ複雑さを増すクラウドはこれからますま...(2016/8/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
ウェアラブル端末が「街角」より「工場」で普及する理由
 研究者用の「Google Glass」やサムスンの腕時計端末「GALAXY Gear」、話題を呼んだ「Apple Watch」……。これまで各社がウェアラブルデバイスの新製品を市場投入してきたが、どうもB2C(企業対個人取引)市場において、期待されたほどの大きな市場には育っていない。 ...(2016/8/31 提供:KDDI株式会社)

製品資料
急増するデータに高性能はいらない? 低予算時代に選びたい多目的ストレージ
 オフィスツールの高性能化とモバイル化、IoT/ビッグデータ/AI活用の進展、さらにはDR(災害復旧)に対する意識の高まりなどによって、企業の扱うデータ量は増える一方だ。しかし、それに対応できる十分な予算が用意されることはほとんどない。 この課題を解決するた...(2016/7/7 提供:クラウディアン株式会社)

事例
実証実験から読み解く、IoT/ビッグデータ/AI連携に必要なストレージ基盤
 IoT、ビッグデータ、AIの連携が本格化する時代が訪れようとしている。これによりインターネットビジネスだけでなく、あらゆる業種が新しい価値を創出するようになるという。近い未来に生じるこの変革に対して、企業はどのようなIT基盤を準備するべきだろうか。 従来型...(2016/7/7 提供:クラウディアン株式会社)

製品資料
BYOLでムダなし移行、Oracle Databaseのクラウド移行のポイントとは?
 企業にとってビジネス環境の変化に柔軟に対応するITインフラ整備は、重要な経営課題の1つだ。クラウド移行による運用コスト削減を模索する企業は多いが、オンプレミス利用時と同様の利用規模・パフォーマンス・可用性の確保、保有するOracle Databaseライセンスの有効活...(2015/10/21 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

製品資料
キーパーソンに聞くカスタマーエクスペリエンスを向上させるクラウド型コンタクトセンター戦略
 これまでコンタクトセンターは、オンプレミス型が主流だったが、クラウドが浸透した今日では、クラウド導入のニーズが高まっている 。一般にクラウド型コンタクトセンターは、オンプレミスと比較して、初期コストの低減、スピード構築、柔軟な設定変更、保守管理負荷の...(2014/10/30 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

技術文書
オンプレミス同等の可用性をエンタープライズ向けIaaS「Bizホスティング」で実現するには
 高機能なIaaSサービスを利用しているユーザーにとって、さらなる高可用性の条件とは「オンプレミスと同等」というものだ。これを実現する主な機能条件は2つあり、「クラウド環境でHAクラスタを容易に構築でき、仮想サーバ間でデータレプリケーションが可能」という条件...(2014/12/26 提供:サイオステクノロジー株式会社)

レポート
DR計画で優先すべき5つのポイントと仮想化時代に考えたい「DRaaS」という選択肢
 大規模の災害やシステム障害によって事業が中断してしまえば、企業イメージに与える影響や金銭面での損失は計り知れない。そのような事態を最小限に抑えるためには、できるだけ速やかに活動を再開しなければならない。そうした情報システムの迅速な復旧・再開で鍵を握る...(2015/7/13 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

レポート
「状況は100倍悪い」って本当? IoT時代の本当は怖いセキュリティ
 「IoT(モノのインターネット)」はバズワードの域を超え、これからあらゆる産業に影響を与えそうだ。そんな中、インターネットに接続された膨大な数のデバイスが、企業に押し寄せようとしている。ビジネスの拡大など、決して良い面ばかりではない。企業のIT部門は、そ...(2015/7/21 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

レポート
IoTのビジネス活用に高まる期待 顧客体験の改善で新たな商機を狙え
 IoT(モノのインターネット)の注目度が急速に高まっており、これをビジネスに活用しようという機運が盛り上がりを見せている。「人」と「モノ」または「モノ」と「モノ」がつながることの最大のメリットは、顧客体験(UX)を改善できる点にある。 医療分野や建設分野...(2015/7/21 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

レポート
値下がりしてもコストが下がらない クラウド導入の意外な落とし穴とは
 クラウドベンダー各社の価格競争が激化している。特にパブリッククラウドの料金は、日々値下がりを続けている。しかしながら、顧客にとってはもはやこれが当たり前になりつつあり、ベンダーの選定に当たっては、他の要素の方が優先されるようになってきた。 その一方で...(2015/7/21 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

レポート
進化を続けるネットワークセキュリティ 導入・運用の課題は“外出し”で解決
 企業のネットワークを取り巻く状況は絶えず変化している。例えば、クラウド、モバイル、モノのインターネット(IoT)を含む次世代のネットワークでは、異なる基準のネットワーク監視ツールが必要になる。そうした変化に伴って生じる課題や脅威に対処すべく、ネットワー...(2015/7/21 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

レポート
スマホが電話に早変わり、先進事例で分かる「ソフトフォン」のススメ
 スマートフォンやタブレットを業務で利用することは、もはや当たり前となっている。社内外で働く従業員が端末や場所に関係なく、1つの電話番号を使えれば大きなメリットがある。スマートフォンをまるでオフィスの電話のように使えるのだ。 実際、こうしたソリューショ...(2015/7/13 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

レポート
人手もスキルも足りないセキュリティ現場 人材不足が招く“燃え尽き症候群”を予防するには
 サイバー攻撃の被害が後を絶たない。企業や官公庁を対象に攻撃が仕掛けられ、大量の情報漏えいが発生する事件が相次いでいるのだ。その一方で、企業のサイバーセキュリティに関するスキル不足が深刻な状況となっている。セキュリティ対策への需要が高まる一方で、明らか...(2015/7/13 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

レポート
「IoT」に思わず前のめり 決して無視できないインパクトとは
 製造現場では、製造装置からガスタービン、風車、ジェットエンジンに至るまで、幅広いデータが大量に発生している。これらの機械データは長年の間、その価値に目を向けられることなく、工場や現場での利用にとどまっていた。 昨今、このような機械データのソースとイン...(2015/7/13 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

レポート
SDN時代に求められる、ネットワーク管理者の役割とは?
 ネットワークをソフトウェアで制御する「SDN」(Software Defined Networking)の実運用が注目されつつある。この新手の技術は、ネットワークの世界を大きく変える可能性を秘めているのだ。だが、ネットワーク技術者の中には、まだSDNが実現するようなネットワークプロ...(2015/7/6 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

レポート
クラウド環境の構築、やってはいけない“こんなミス”
 「クラウドファースト」という言葉に代表されるように、さまざまな用途でクラウド環境の構築に乗り出す企業が増えている。その一方で、クラウドの導入には、企業が陥りやすい幾つかの落とし穴が存在する。 また、プライベートクラウドを設計する際には、一歩下がって自...(2015/7/6 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

レポート
5分で分かる「IoT」の基本、経営者も熱い視線を送るビジネス利用の将来性
 インターネットに接続する情報端末、電化製品、機械は増加の一途をたどっている。あらゆるものがインターネットにつながった「IoT」(モノのインターネット)の世界が現実となりつつある。 そうした中で、IoTがどのようなものかを理解し、その利用ケースや企業における...(2015/7/6 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

製品資料
もう困らない、ファイルサーバのよくある課題を解決するオブジェクトストレージ利用法
 オブジェクトストレージは、個々のディスクにRAIDグループやLUNを作成し、その環境にファイルシステムを構築する従来のストレージと違い、ファイルというオブジェクトを直接書き込むという方法をとる。多くのクラウド事業者がこのオブジェクトストレージを利用してサー...(2015/6/1 提供:サイバー・ソリューション株式会社)

事例
日本郵便がクラウド型PBXとナビダイヤルで得た想定外のメリットとは?
 PBXの維持運用や改修工事にかかわるコストは、以前から企業にとって大きな課題となっている。日本郵便は、資金管理業務のセンター集約に伴い、問い合わせの受付をセンターに一本化する。だが、一部業務は支社が行うため、窓口が2つ存在することになり、現場に新たな業務...(2015/1/15 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

Loading